健康経営宣言

Honda Cars 埼玉は「五共の精神(*)」の経営理念に基づき、従業員・家族・顧客・取引先が共に健康であることが重要と考え、
「健康経営」の実践を会社・従業員・健康保険組合が連携して推進します。
心身ともに健康であることで最大限発揮された能力を、地域の「健全なモビリティ社会」の実現へ注力します。
それにより得られる社業の成長を、更なる「健康投資」に充てる「健康経営サイクル」を進めてまいります。

*Honda Cars 埼玉経営理念 「共に語り、共に働き、共に喜び、共に感謝し、共に成長する」

2019年10月1日
健康経営責任者
代表取締役社長 上山 英樹

重点取り組み事項

社員1人ひとりの
健康増進への取組み
定期健康診断受診率100%
ストレスチェックの実施率100%
二次検診・任意健診受診率向上
インフルエンザ予防接種実施率向上
健康で活き活きと
働きやすい環境整備
長時間労働の削減
有給休暇取得の推進
社員の運動機会の提供
社員の健康増進と環境整備を
推進する体制整備
経営トップを中心とした社内外の関連組織連携体制構築
全社部門横断型の推進部門の設置
体制整備と維持改善に向けたPDCAサイクル推進

推進体制

企業行動指針

健康管理、支援
社員の健康管理のため、過重労働監視、健診結果の管理等により、社員の健康状況を明確かつタイムリーに把握します。
管理結果への対応
健康管理の結果に基づき、産業医への受診、過重労働対策、再検診の推進、重症化予防、高リスク保有者への対応等を行います。
健康増進活動の推進
職場内の完全分煙、従業員の禁煙支援、ウォーキング推進、運動イベント等、様々な活動を通じ、社員の健康増進を推進します。
メンタルヘルス対応
メンタルヘルス面談、定期教育の活動を通じ、メンタルケアを推進します。
働き方改革
社員一人ひとりのニーズと各職場環境にあわせた働き方改革を推進します。

2019年10月1日
健康経営推進責任者
執行役員 事業管理本部長 水口 和明
健康経営推進プロジェクトリーダー
経営企画部 CSR推進課課長 伊藤 拓

従業員行動指針

健康管理の重要性理解
従業員の健康管理のため、過重労働防止、健診結果による再検査の実施等、社員自らが健康維持に向けて、その目的を理解し積極的に行動します。
具体的な健康増進活動への参画
職場内の完全分煙、従業員の禁煙チャレンジ、ウォーキング推進、運動イベント等、様々な活動を通じ、社員の健康増進を推進します。

2019年10月1日
(労働組合)
ホンダ ディーラー ユニオン
HDU 埼玉支部
委員長 川村亮介