当社の環境保全活動

Honda Cars 埼玉は
CO2排出量前年比3.5%削減を目標に、
環境保全活動を実施してまいります!!

環境方針
基本理念
当社は、地球環境の保全を最重要課題のひとつと捉え、自動車の販売・整備を通じて、
人の健康の維持と地球環境の保全に積極的に努め、
お客様や地域社会に喜ばれるグリーンディーラーを目指します。
基本方針

基本理念に従い以下の基本方針を定めます。

  1. 事業活動に当り、環境に関する法令・規則を遵守し、環境保全に努めます。
  2. 環境に配慮した商品(低公害車・低燃費車)の販売、および点検整備の促進を図ります。
  3. 事業活動の全ての領域で、省エネルギー、省資源、リサイクルの推進、廃棄物の削減に努めます。
  4. 地域の環境保全活動に積極的に参加し、地域との環境コミュニケーションを図ります。
  5. 環境保全意識を高めるため、全従業員に対しての環境教育や、広報活動を実施します。
2016年4月1日
株式会社ホンダカーズ埼玉
代表取締役社長 高橋 宗一郎

環境・社会活動レポート

環境に配慮した事業活動に取り組んでいます

Honda Cars 埼玉

南越谷店の太陽光発電モニター
太陽光パネルの設置
Honda Cars 埼玉の中でも比較的大型な拠点である、川越インター店・鶴ヶ島中央店・東川口店・南越谷店・川口122店・新大宮バイパス店は、特にショールームの面積が広く、多くの照明器具が必要になり、節電だけでは消費電力削減に大きな効果が望めません。そこで節電もさることながら、より積極的な環境問題への取り組みとして『太陽光パネル』を設置し、消費した電力を自らが補う取り組みを始めました。社会全体の中では小さな取り組みかもしれませんが、小さなことの積み重ねこそがCO2削減の一助となると確信しています。
遮熱フィルムの施工
自動車のショールームは、中の様子をわかりやすくするため、あえて大きなガラスを使用しています。一方で視認性を優先することで、ショールーム内の室温管理に大きな影響を与えてしまいます。そこで、ショールームのガラスに遮熱フィルムを貼り、ショールーム内の室温が外気に大きく影響されないようにすることで、“節電”に最適な室内温度に保つことができます。
  • 鶴ヶ島中央店の太陽光パネル

  • 飯能店の遮熱フィルム施工例

  • 鵜ノ木店の遮熱フィルム施工例